×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぜ髪の毛は年とともにうねるのか?解決します。

髪のうねりを家で解決する方法 ⇒ メディアで話題の女性用育毛剤「CA101」

ドライヤーではうねりは直りません

髪は年齢とともに変化していきます。

 

皮膚の一部である頭皮も加齢と共に老化しタルミ、毛穴は歪みます。

 

 

 

昔はストレートだったけど年々髪がうねるようになった。

 


という方は頭皮のタルミによる毛穴の歪みが原因かもしれません。

 

また、加齢によりダメージを受けやすい状態になることで、髪の水分バランスが乱れてうねりが現れます。

髪のうねりはなぜおこるの?

「髪のうねり」は、髪の水分バランスが偏っているから起こります。

 

そしてその原因は髪のダメージ、つまりキューティクルの痛みです。

 

キューティクルとは、髪の表皮ともいわれ、髪の毛を守ってくれる役割があります。

 

髪表面のキューティクルがはがれていると、そこから水分をどんどん吸収し、髪の内部にためこんでいきます。その部分だけ水分で膨張し、水分が不均等なためうねりが発生します。

 

つまり、水分量の多い部分は膨張しますが、その場所が髪1本1本でことなるため、髪がうねり、全体が広がることになってしまうのです。

 

髪はキューティクルを閉じたり開けたりすることで、水分量を調整しています。ダメージヘアでも、通常時は健康毛とさほど水分量は変わりません。

 

ただ梅雨などじめじめした時期になり、いつもより空気中に水分が増えた場合、健康毛であれば、その湿度に影響は受けませんが、ダメージヘアのキューティクルは必要以上に水分を吸収して、その結果うねってしまうのです。

 

また、髪は濡れると髪の結合が切断され乾燥するとまた再結合される性質を持っています。

 

髪のうねりが「先天的な原因」や「頭皮のタルミ」の場合、梅雨で外気の湿度が高くなると髪が水分を取り込み、結合と切断を繰り返しているうちに朝のスタイリングが崩れ徐々に元のうねり髪に戻ってしまうのです。

髪をうねらなくする方法

うねりを抑えたい場合、髪内部の水分バランスを整え、余分な水分の吸収を防ぐ事が大切です。

 

全体に均一に水分が含まれていれば髪の毛のうねりはなくなります。そのためには余分な水分を侵入させないようにキューティクルのダメージを失くすことが必要となります。

 

そんなあなたに一度試していただきたいのが、メディアで話題の女性用育毛剤「CA101」

 

もともとは育毛剤なのですが、美容液の効果を併せもち、髪だけでなく、頭皮もケアできます。使用感は化粧水のようにベタつかず、ハリ・ツヤ・コシのある美しい髪にしてくれて、スタイリングもバッチリきまります。

 

今なら、2か月分が4,800円なので、1日なんと80円!

 

また、60日までなら使用済みでも返品できますので、お試しにはもってこいだと思います。

 

 

 

 

48万本も売れていて、リピート率96%の超人気商品なんです!